商品先物取引(ホーム) > 商品先物取引はサヤ取りで儲けろ > 勝率と収益の関係
商品先物取引はサヤ取りで儲けろ

相場は当たれば儲かる?

 多くの投資家が陥りやすい勘違いが「相場は当たれば儲かる」との思い込みです。確かに、方向性を予測し当てなければ、なかなか収益に結びつけることは困難ですが、勝率を上げることすなわち儲けに比例するわけでもないようです。「当たっても儲からない」「外れても儲かる」といったマーケットの特殊的な構造を理解できないと、行き当たりばったりの「当たり、はずれ」だけの取引から脱却することができなくなってしまいます。投資のプロといわれるヘッジファンドや金融機関の資産運用担当者でも、取引を続けていく中で、常に勝ち続けていることは不可能なのです。長期的に取引を行う中で、勝率で50%を超えることは驚異的な数字といえます(短期的には可能)。

 しかし、そうした中でも、悲惨な状況を回避し、確実に収益を確保していくことは可能なのです。投資家の中でも、一生懸命知識を習得し、勝率的に60〜70%を確保しているのにトータル的には収益が思ったほどではないという方もいるかと思います。つまり、「勝率向上=収益増加」と意識が強く、価格の方向性を当てにいくための分析なり知識には積極的で、シナリオも「こうなる、こう動く」といったいわゆる方向性の予測だけに集中してしまい、不測の事態への対処といったシナリオは無視されてしまうことに問題があるのです。結局、「攻め」ばかりで「守る」意識が欠けているので、負けるときは儲けたときの2,3倍もやられてしまうということもあるからだと思います。如何に、不測の事態意を認識し、行動に移せる準備をしているかが大切なのです。

攻めと守り

 取引を行う上で、「勝ち続けたい」「勝率を上げたい」といった思いは投資家の皆さんが持っている感情だと思います。しかし、勝率を上げる、すなわち「攻め」の投資を行うことも大切ですが、それだけでは、投資の世界で長く生き残れず、投資資金を維持することは難しいのです。つまり、「攻め」と同時に「守り」の投資を理解しておくことが大切なのです。それが、シナリオを描くときに忘れがちな「不足の事態の備え」であり、一般的にいわれる「マネーマネジメント」の知識なのです。

 例えば、勝負の世界といことで、スポーツの世界に目を向けてみると、サッカーにしろ、野球にしろ、いくら攻撃力が優れ、大量得点を取ったとしても、守備がおろそかであればそれ以上の失点につながり、負けてしまうのです。逆に、守備が優れていれば同点はあっても負けることはないのです。そう最少得点1点で十分勝てるのです。如何に「守る」かが勝敗をわける大切な要素であり、それは投資の世界でも同様なことがいえるのです。

著者:黒川 厚page TOP

スポンサード リンク
 

page TOP

*