日本の商品先物取引

金の変動要因について

 「東京」の価格変動を予測するには、マザーマーケットといわれる「NY金」の価格変動の動向を認識することが重要です。

 「NY金」の価格変動要素には、需給要因をできるだけ正確に理解することがポイントになります。 また新規に採掘されるの供給は海外からの輸入に依存しているため、単純に円換算額を考えた場合、価格は為替レートの変化に影響をうけます。また、はその国の経済状況(景気やインフレ動向など)をにらんで準備金として蓄えられていることもあり、各国の準備金動向も影響を与えるので気をつけておきたいところです。

 の変動要因のポイントとして、@景気・インフレ・為替の動向 A鉱山生産と「生産者のヘッジ状況」の増減 B各国中央銀行の売却・買い入れ動向などを抑えておきたいところです。

金の需要と供給について

 需要のポイントとしては、@加工用需要(宝飾用・歯科用・工業用等) A投資需要 B公的機関の購入などがあります。一方、供給のポイントとしては、@産金国の動向(南アフリカ・ロシア・新興産金国の動向) A二次供給(スクラップなど) B公的機関の売却などがあります。

 こうした統計データは、四半期ごとや年数回といった感じで調査期間から発表されます。代表的なところとしてGFMS社(ゴールド・フィールズ・ミネラル・サービシズ)による統計データを各取引員がレポートの資料として引用していることが多いようです。「の世界需給」「主要国の生産量」などといった統計データを分析することが大切です。

金の理論値価格の算出方法

 あくまでも参考ですが、NY金の価格や為替(ドル/円)を使って東京の価格を予測する1つの手段としての計算方法です。必ずこの理論値になるとか、この理論値に近づくといったものではないので、たくさんある判断材料の1つとして考えてください。

 「NY金」価格÷31.1035[グラム換算]×為替レート[ドル/円・円換算]

金の取引要綱

 @取引種別 :ザラバ取引  A取引時間:【前場】09:00〜11:00 、【後場】12:30〜17:30  B呼値:1g当たり C呼値の単位:1円刻み  D売買単位:1Kg(1000倍) E限月:6限月(偶数月)

 *その他、証拠金や値幅制限は、相場状況で変わりますので事前に確認をすることをお勧めします。手数料も各取引員によって違いますので比較検討をお勧めいたします。

NY金先物のテクニカル分析

著者:黒川 厚page TOP

スポンサード リンク
 

page TOP

*