商品先物取引(ホーム) > 日本の商品先物取引
日本の商品先物取引

 「商品先物取引」は、鉱工業材料や農産物の商品を将来の決められた期日に一定の価格で売買することを現時点で約束する取引です。

 当サイトでは商品先物取引はそもそも価格変動のリスクヘッジを目的として利用するものでありましたが、投資家による投機手段としての利用も多く含まれている現場を解説して行きます。

 日本では商品の受け渡しの観点から、商品先物市場は農林水産省及び経済産業省の管轄となっています。

鉱産物の商品先物取引上場銘柄

 鉱産物とは鉱山から産出される物。東京工業品取引所は原油やガソリン、貴金属などを上場し商品先物取引の出来高で世界第2位となっています。

 電子取引端末の導入して、米国市場や欧州市場を時差の面から補完するアジアの中核市場として機能しています。

農産物の商品先物取引上場銘柄

 砂糖や小麦といった日常生活に必要な商品の価格に連動する商品先物取引。農産物は、さまざまな要因によって、価格がたえず変動します。

商品指数

 商品指数は二商品以上の価格水準を総合的に表した数値の先物取引です。

著者:黒川 厚page TOP

スポンサード リンク
 

page TOP

*